嶋歯科トップページ題目
嶋歯科HPへ 嶋歯科医院紹介 嶋歯科初診の患者さんへ 嶋歯科診療内容 嶋歯科よくある質問 嶋歯科ブログ 嶋歯科のリンク 嶋歯科インプラント専用サイト
嶋歯科医院紹介
院長略歴
スタッフ紹介
院内設備
リクルート
個室案内
嶋歯科初診の患者さんへ
当院の治療方針
治療の流れ
嶋歯科診療内容
インプラント
歯列矯正
ホワイトニング
いびき治療
口臭について
義歯(入れ歯)
歯周病
ピカピカクラブ
インプラント矯正
ミニインプラント
ハブラシについて

サプリメント外来

インプラント専門サイト

嶋歯科患者さんからの質問
フッ素について
義歯がいやだ
歯をぶつけた
入れ歯の取り扱い
虫歯について
歯の生え変わり
歯を白くしたい
嶋歯科ブログ
院長の気まぐれブログ
スタッフブログ
新スタッフブログ
嶋歯科へのリンク
歯科情報サイト
インプラント関係
歯科医院リンク
地元情報
相互リンク募集 NEW

嶋歯科へのお問い合わせ

嶋歯科j携帯サイトへ
携帯HPはこちら

デンターネット
床矯正研究会
CBS
病院医院検索サイトマイクリニック
Hospita.jp
地域密着歯科検索
歯科医院ナビ
くらしべんりナビ歯科医院特集
審美歯科ナビ
矯正歯科ナビ

〒939-0363
富山県射水市中太閤山
1-1-1パスコ2F
TEL : 0766-56-9222
医療法人社団
嶋歯科クリニック

Home のページです 診療内容 のページです 歯列矯正
矯正治療の流れ
当院では、小さい時より姿勢、咬み方、口唇の習癖などの指導を行い、歯の連続性(小臼歯の抜歯)を損なわない治療を心がけています。(すべての症例が非抜歯でできるわけではありません。)
非抜歯治療を行うための装置各種

矯正に使う模型一覧


1.初診 
 患者さんに要望を聞き、実際に行っていく治療について、パソコン、資料、リーフレットなどを使って説明します。また、矯正専門の問診表を記入してもらっています。
問診表 リーフレット
2.基本的検査
 スタディーモデルという歯の型どりをして模型をつくります。
 パノラマという口の中を1枚のレントゲンでみるX線写真を撮ります。
3.基本検査をしての結果報告
 ここで大体の治療期間や費用などがわかり、同意頂ければ、次の精密な検査に入ります。
4.精密検査
 顔面の骨格を調べるX線
 口腔内写真および顔面の正面、斜め、横顔などあらゆる方向からの写真撮影をします。
5.最終決定
 検査結果を報告し、治療期間、治療方法、費用、装置などを決定します。
           


嶋歯科ボタン矯正Q&A

Q1.何才頃からはじめますか?
A1.左右的な顔の歪みがある場合は4〜5才から、反対咬合と呼ばれるうけ口の方も5才ぐらいより簡単な装置から治療を開始します。
   日本人に多い出っ歯と呼ばれるケースでは、小学2〜3年よりなるべく歯を抜かないでいけるよう床装置など
   を使って歯の交換がスムーズにいくよう準備をしていくことが大切です。
Q2.治療期間、回数はどのくらいですか?
A2.ケースによってまちまちです。小学6年〜中学2年になって永久歯がはえそろって矯正の金具をかけてから
   は、2年前後はみた方がよいかも、治療期間中は、月1〜2回ワイヤーの交換をしていきます。はずした後は
  、保定のための通院が必要です。
Q3.大人でも矯正はできますか?
A3.問題ありません。小・中・高はもちろん子育てが落ち着いた主婦もいますし、部分的に歯並びを直すMTMと    呼ばれる部分矯正や歯周病のため前歯が反ってきた歯を元に戻すなど年令に関係なく動かせます。
Q4.痛くないですか?
A4.最初にはじめてのワイヤーを入れて3〜4日は、歯が浮いたり、噛みにくかったり、歯の根元がジンジンする
   ような感じがありますが、慣れてきます。
Q5.特に気をつけるべきことは?
A5.まずは歯磨きです。
   ワイヤーがかかるので、今までより歯が汚れやすくなりますので、月1回矯正器具が入っている人向けの歯
   ブラシ指導を受け、矯正用の歯ブラシ、補助器具など使うと良いでしょう。
   歯に金具をつけているので、金具を軸として変な噛み方をすると金具を変形させたり、脱落させたりすると、    取れた歯は動かないので金具をつけているということを意識して食べることが必要です。
Q6.内側からの矯正(舌側矯正はどうですか)?
A6.下の前歯の乱食い(叢生)を治したいなどでは目立たなく悪くはないとおもいますが、日本人のように噛みこ   みが深い出っ歯のケースでは奥歯のかみ合わせを意図的に高くしたりインプラントを上あごに打ち込んで奥   歯と前歯の引っ張り合いで歯を動かす時奥歯の加強固定を増やす工夫が必要になります。
   下の習癖が強い人や歯石がした前歯につきやすい人では金具が脱離しやすく治療期間が唇側から動かす   ケースに比べ長くなる傾向があります。
   最近はコンピューター、CADの進歩で各自にあった歯の形態にあったオーダーメイドの金具を作っておこなう   舌側矯正が多くなってきました。こういう場合通常唇側からの矯正に比べ1.5倍の料金がかかるものです    がさらに2.0倍の値段になることになります。目立たないけど長くコスト的にも高いということは覚悟しなけれ   ばいけないと思います。 
Q7.金具を付けないマウスピースでやる矯正はどうですか?
A7.抜歯ケースではおすすめしませんが、わずかな重なり合いを歯の間を少しエナメル質の範囲で磨いて隙間を   つくりならべるケース、昔矯正した後保定装置を入れてなく後戻りしたケースなどでは有効です。
Q8.虫歯ができたら?
A8.治療途中でも治療はできますが、しばらくワイヤーをはずして治療をしなければなりませんので、治療期間が
   長引きます。そのため、十分虫歯がないか確認して、虫歯の治療を最初に行ってから矯正治療に入ります。
   また、その人のかかりやすさに応じて定期的間隔での衛生士による口腔清掃を行ったりしていきます。
Q9.保定について教えてください。
A9.矯正治療終了後、装置をはずした後、その直後の状態を保つために入れておく装置を保定装置といいます。
   通常、2〜3年入れておきます。

富山県射水市の歯医者 歯科医院 嶋歯科クリニックは、射水市、富山市、高岡市、氷見市、砺波市、小矢部市からの患者さんがいらっしゃいます。
現在、歯科衛生士を募集しています。
Copyright(C) 2010 Shima Dental Clinic Rights Reserved.