嶋歯科トップHP題目
嶋歯科トップHPへ 嶋歯科医院紹介 嶋歯科初診の患者さんへ 嶋歯科診療内容 嶋歯科患者さんへからの質問 嶋歯科ブログ 嶋歯科へのリンク インプラント専門サイト
嶋歯科医院紹介
院長略歴
スタッフ紹介
院内設備
リクルート
個室案内
嶋歯科初診の患者さんへ
当院の治療方針
治療の流れ
嶋歯科診療内容
インプラント
歯列矯正
ホワイトニング
いびき治療
口臭について
義歯(入れ歯)
歯周病
ピカピカクラブ
インプラント矯正
ミニインプラント
ハブラシについて

サプリメント外来

インプラント専門サイト

嶋歯科患者さんへからの質問
フッ素について
義歯がいやだ
歯をぶつけた
入れ歯の取り扱い
虫歯について
歯の生え変わり
歯を白くしたい
嶋歯科ブログ
院長の気まぐれブログ
スタッフブログ
新スタッフブログ
嶋歯科へのリンク        
歯科情報サイト
インプラント関係
歯科医院リンク
地元情報
相互リンク募集 NEW

嶋歯科お問い合わせ

嶋歯科携帯サイト
携帯HPはこちら

デンターネット
床矯正研究会
CBS
病院医院検索サイト
Hospita.jp
地域密着歯科検索
歯科医院ナビ
くらしべんり歯科医院特集
審美歯科ナビ
矯正歯科ナビ

〒939-0363
富山県射水市中太閤山
1-1-1パスコ2F
TEL : 0766-56-9222
医療法人社団
嶋歯科クリニック

Home のページです 診療内容 のページです インプラント矯正

矯正用インプラントとは?
 従来の矯正治療では、歯を効率的に動かす目的で、図のような顎外固定装置が多く使われてきました。しかし、治療が成功するかどうかは、患者さんがこの装置を使うかどうかに関わっており、また、使用時間が限られているため、歯科医師の思うように効率的に歯を動かすことが困難でした。
       セファロ撮影実際               矯正用インプラント写真       
       顎外固定装置        矯正用ミニインプラント

 そこで、図のような矯正用ミニインプラントが開発されました。これは、生体への害が無く、骨との親和性が高いチタンという材質で作られており、一生涯体内に埋設する人工関節などにも応用されています。矯正治療においては、このインプラントを図のように顎の骨に植え、これを固定源として歯を移動するため、歯を効率的にいどうできるようになりました。
       矯正用インプラント実際写真       
       装着時口腔内写真

インプラント埋入時の注意点
 埋入後は、化膿止めと痛み止めのおくすりが出ますので、指示に従って飲んでください。個人差がありますが、ほとんどの場合、術後に痛みが出ることはありません。万一、痛むようでしたら、痛み止めを飲むようにしてください。
 術後2週間は、インプラント周囲のブラッシングは避け(他の部位は良く磨いてください)、硬い食べ物やガムも摂らないようにして、インプラントに力がかからないように注意してください。食事中の過度の負担が、インプラント脱落の第一の原因です。インプラントを指で触るなどの行為は絶対に行わないでください。
 術後2週間を過ぎたら、インプラント周囲にも歯ブラシを軽く当てて歯垢を良く落としてください。電動の歯ブラシは使用しないでください。
 十分に注意しても、骨の硬さ、体質によってインプラントが脱落する場合があります。その場合はもう一度植えなおします。また、稀ですが、体質的にどうしてもインプラントがつかないときは、他の装置に切り替える場合もありますので、その際はご了承ください。
 治療後はインプラントを除去しますが、痛みも無く、簡単に取り外すことができます。

富山県射水市の歯医者 歯科医院 嶋歯科クリニックは、射水市、富山市、高岡市、氷見市、砺波市、小矢部市からの患者さんがいらっしゃいます。
現在、歯科衛生士を募集しています。
Copyright(C) 2010 Shima Dental Clinic Rights Reserved.